リスナーの心を揺さぶる音楽と広告

リスナーは、日々のあらゆるモーメントで、より生活を楽しむために Spotify にアクセスして音楽を聴きます。Discover Weekly や Your Daily Mix のようなパーソナライズされたコンテンツ、あるいは Spotify がキュレーションをし公開している人気のプレイリストたち。こうした Spotify ならではのコンテンツ体験が、リスナーひとりひとりの Spotify へのエンゲージメントを高めます。

こうした Spotify のコンテンツに対するリスナーのエンゲージメントが、Spotify での広告に対するブランドエンゲージメントにどう寄与するのかを調べ、主要な競合他社との比較を行いました。この調査は、ニールセンのコンシューマーニューロサイエンス部門に依頼し実施しました。

ニールセンは「人が無意識下で外部刺激にどう反応するか」を脳波と生体反応で測定する手法を持っています。今回の調査では、Spotify と他のプラットフォームを対象として音楽と広告に対する反応を検証しました。

ニールセンの Carl Marci 博士は、感情を科学的に測定する方法について次のように語っています。「我々の消費者を対象とした脳科学的測定ツールは、秒単位での詳細さでデータを得ています。毎秒測定される数千種類ものデータから、人が無意識で何を感じ、直感的にどのように反応しているかを把握できます。」

こうした先進科学によるデータ収集とともに、ユーザーの生の声を聞く調査も行いました。被験者には脳科学調査の後にフォーカスグループインタビューを行い、収集したデータの背景にあるコンテクストの確認と、なぜそのように広告へ反応したのかを深掘りしました。

結論: Spotify 上での広告体験は、感情的なエンゲージメントと購買意向の双方で、競合他社との比較において有意に高い結果となりました。特に Spotify で音楽を聴いているときに、この感情的なエンゲージメントと購買意向が大きく高まることがわかりました。

  • 感情的なエンゲージメント指標では、競合他社と比較すると Spotify の数字はオーディオ広告で +15%、動画広告で +14% 高いことが確認されました。
  • そして購買意向に関しては、Spotify 上で動画広告に接触した場合、競合他社での同様の体験に比べ、「買いたい」と感じるケースが 18% も高くなることも確認されました。

Spotify 上の体験は、音楽を聴く経験のみでなく広告視聴経験に関しても感情的なエンゲージメントを強めるものであると言えます。

本調査のより詳しい内容については、Spotify までお問い合わせください。

ニールセン コンシューマーニューロサイエンスについて

ニールセンの一部門であるニールセンコンシューマーニューロサイエンスは、消費者の意思決定に関するこれまでにない知見の提供と、確かな情報に基づくマーケターのビジネス決定を支える市場インサイトの供給を行っています。ニールセンコンシューマーニューロサイエンスは、消費者の感情と行動のコアにある無意識・意識双方のふるまいに関する独自の知見を、市場で数々の実証を経た手法を元に提供します。調査業界において最も包括的な脳科学的調査ツール群を活用し、従来の測定方法も併用しながら、動画広告、デジタル広告、パッケージ、店舗内要素などの効果最適化にフォーカスしています。チームには 20 名以上の脳科学者が在籍。メンバーは、これまでに 550 件以上の査読済み論文を執筆してきたほか、消費者調査に関する多数の権威ある賞を受賞しています。ニューロテクノロジー業界で最大の特許保有数を持ち、世界各地のオフィスから、世界中のブランドに画期的なリサーチメソッドを提供しています。詳しくは、www.nielsen.com/consumerneuroscience をご覧ください。